トラクターは中古で買うとグッとお得|質もそのまま

お店に持って行くの

自分で運ぶ必要はない

トラクター

中古の農機具の処分に困っている人も多いのではないでしょうか。最近では中古のトラクターやコンバインなど農機具の買取業者も増えてきています。しかし、このような業者を利用するにも、お店まで持って行くのが面倒、そもそも動かいないので運ぶことができないと思っている人もいるかもしれません。農機具でもナンバープレートが付いていれば公道を走ることも可能です。しかし、トラクターなどは速度も遅く、周りの車に迷惑がかかるのではないかと、お店に持って行くことをためらっている人も多いでしょう。また、中古トラクターが故障して動かない場合には、どうやって運ぶのかと悩んでしまいます。中古トラクターなどの買取業者を選ぶときには、出張査定を無料で行っているかをチェックしてみましょう。このようなサービスを提供している業者であれば、わざわざお店まで自分で持って行く必要はありません。自宅までスタッフが来て査定をしてくれ、査定額に納得できればその場で現金で支払ってくれる業者もあります。動かないトラクターなどの農機具でも部品取りとしての活用ができるため、無料で処分することも可能です。この時に必要になるのは運転免許証などの身分証明書の実です。農機具は特殊な器機であるためどうしても運ぶ手間を考えると業者の利用もためらってしまいます。出張買取をしている業者とよく相談し、自分に合った業者を利用して農機具の処分を考えてみてはいかがでしょうか。

基本的な知識

電卓と紙幣

農業の仕事をやっている方の中には、現在使っているトラクターを他のものにかえたいと考えている方もいるかもしれません。トラクターを買っていくにあたり、中古のトラクターを買っていくか、あるいは新品のトラクターを買っていくかで頭を抱える方もいるはずです。新品のトラクターでなければダメだという方も、もしかしたらいるかもしれません。ここ最近においては、農業の仕事をやめてしまう方も増えているため、中古のトラクター市場でも新しいものとあまり使用されていないものがあります。よって、トラクターを買い替えることを考えている場合には、新規市場以外にも中古の農機具市場をチェックしておいた方が得するということを、知識として覚えておきましょう。当然ですが、年式が最近のものであればあるほど、同じ馬力でも軽量化や小型化されているため、お金に余裕があれば新品のものを購入するのもひとつの手です。けれど、中古トラクターであっても満足しながら買っていけるものもあります。中古のトラクターで気をつける点としては、修理ができるかやパーツがどのくらい供給されているのかなど、基本的な知識をチェックしておくことが重要です。使っていた期間が短いことは良いことにはかわりはありませんが、その期間だけを見て判断できない部分もあります。なぜかというと、仕事場を離れて道路を運転していたことが多かった場合、実際使っていた期間よりも傷みが生じていないこともあります。その知識が頭に入っているだけでも、トラクターを購入する際スムーズに買い物が進んでいくでしょう。

目的に合った選択を

作業員

近頃では若い世代に農業に関心を持つ人も増えてきていますが、新しく農業を始めようと思って色々と農機具を揃えてみようとすると、案外費用が掛かることがわかります。特に農業機械の代名詞と言ってもいいトラクターは、モノによってはかなりの高額でびっくりしてしまうことがあります。そこでお勧めなのは無理をして高額のトラクターを新車で買うよりも、中古で状態の良いトラクターを探しみることです。国内の各メーカーが製造しているトラクターはいずれも高性能で丈夫ですので、あせらずにゆっくりと探せばきっと満足のいく中古トラクターが見つかるはずです。しかしトラクターには馬力やアタッチメントなどの違いによって非常にたくさんの種類があるので、機種の選択に迷ってしまうことがあるかもしれません。そんな時はまずトラクターの使用目的をある程度明確にしておけば、機種選定の絞り込みが容易になります。土地の形状や土の質、作りたい作物としたい作業によって必要とされる馬力や機能が変わってきます。また将来耕作物の種類変更や耕作の仕方の変更を想定して、性能的に余裕のある中古トラクターの機種を選んでみるのも良いのではないでしょうか。新車であれば手の届かないグレードのトラクターであっても、中古で探せば高機能製品が手に入るかもしれません。あらかじめある程度の機種の絞り込みができていれば、インターネット上で検索するにしても実際の店舗で探すにしても良い品質の中古トラクターに目星が付けやすくなるはずです。

お店に持って行くの

トラクター

中古トラクターなどの農機具を処分したいと思っても、運ぶのが面倒という人もいるでしょう。しかし、買取業者の中には出張買取を無料でしてくれるところもあります。このような業者を利用することで運ぶ面倒もなく、不要な農機具を処分することができます。

詳しく読む

農業機械の現金化

作業員

農業機械に特化した一括査定サイトを利用するのが、スムーズに中古のトラクターを処分して、現金化するコツです。標準的な買取金額は30万円程度ですが、老朽化したトラクターであっても、良い条件で現金化できるでしょう。

詳しく読む

農業機械を再利用しよう

トラクター

トラクターの中古なら導入コストを抑えられます。一定の使用感がありますが、農作業に必要な機能や性能を備えているため、新車と遜色ないぐらい利用できます。中古トラクターの多くは、販売会社によって整備点検されているので品質と価格のバランスが良くなっています。

詳しく読む